わたしのおみやげ探し

神奈川県を中心としたお土産情報

【東京みやげ】 シュガーバターサンドの木 (銀のぶどう)

「シュガーバターサンドの木」を初めて食べてみました。東京みやげの定番と言われています。

パッケージやお菓子の見た目は普通です。パイ風の生地2枚の間に白いクリームが挟まれているように見えます。

f:id:teruiwakura:20170609073414j:imagef:id:teruiwakura:20170609073427j:image

f:id:teruiwakura:20170609073448j:image

 

実際には、パイではなく、7種の素材からなるシリアル生地にシュガーバターが乗せられたものが2枚あり、ミルク風味のホワイトショコラが挟まれています。

最初の食べた感触としては、想像通りの味で、シリアルだけど固めのパイのような感触に、普通のクリームの味が感じられます。

ですが、噛み砕いていくうちに、クリームからの濃厚なミルク味とシリアル生地からの濃厚な甘いバター風味が口に広がり、想像にはなかった格別な味が感じられます。ついもう一つ食べたくなります。

みやげとして独自性のある美味しさはありますが、さすが東京みやげと納得する程の特徴は感じられませんでした。

最近セブンイレブンでも、セブンブランドパッケージで売られているようなので、みやげとしての特別さが余計に薄れますね。

東京みやげとしては、ちょっと考えてしまいます。