わたしのおみやげ探し

神奈川県を中心としたお土産情報

【神奈川みやげ】 横濱ラングドシャ (フランセ)

FRANCAIS(フランセ)の「横濱ラングドシャ」を初めて食べました。

「横濱ミルフィユ」ともにおみやげ売り場ではよく見かけます。

f:id:teruiwakura:20170618230033j:image

f:id:teruiwakura:20170618230052j:image

f:id:teruiwakura:20170618230101j:image

f:id:teruiwakura:20170618230112j:image

 

 「横濱ミルフィユ」と同じ柄の箱と小分け袋で、デザインが良いですね。ちなみに手提げ袋も同柄です。おみやげとして持って行った時にとても見映えします。

袋の中にあるラングドシャはどうかというと、薄いホワイトクッキーにコーヒー風味のチョコレートが挟まれています。

コーヒー風味のチョコは、意外で、良い意味で驚きました。ほろ苦な味です。上品さが少し感じ取れます。ですが、チョコが柔らかく歯ごたえがないため、昔のチューブチョコを思い出させます。また、クッキーももろく、全体としては、残念ながら安っぽく感じました。

ラングドシャといえば、京都で定番になろうとしている「マールブランシュ 茶の菓」を基準につい比較してしまいます。あちらは、抹茶クッキーに厚いホワイトチョコでできていて、歯ごたえがあり、上品さと高級感が口に広がります。

コーヒーと抹茶とで風味の違いがあるのを無視しても、トータルの仕上がりの差が歴然で、横濱ラングドシャは、上品なお菓子になりきれていないように思います。

神奈川みやげとしては、見映えが良いので、「試しに1回くらい持って行く」で留める感じでしょうか。