わたしのおみやげ探し

神奈川県を中心としたお土産情報

【神奈川みやげ】 虎朱印最中 (正栄堂)

正栄堂(しょうえいどう)の虎朱印最中(とらしゅいんもなか)を食べました。

 

正栄堂は、小田原の老舗和菓子店です。

この店で一番人気が、「虎朱印最中」です。

 

そごう横浜店の地下食品街で、バラ売りしていたので、試し買いをしました。

 

f:id:teruiwakura:20170805120531j:image

 

"虎朱印"とは、戦国時代に小田原城主・北条氏が公文書に使用した「虎の印判」のことだそうです。

 

それを元に和菓子にしたものが、「虎朱印最中」です。

最中の紙包みが、歴史観を感じさせます。法事に適しているかも。

 

f:id:teruiwakura:20170805120540j:image

 

お菓子しの見た目は、四角い、少し大きめの最中です。

 

f:id:teruiwakura:20170805120549j:image

 

その中は、ぎっしり詰まった粒あんに、求肥(ぎゅうひ)が添えられています。

 

求肥(ぎゅうひ)とは、白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練りあげたもので、食感は餅に似ています。

 

実際に食べてみると、、、。

美味しいです。期待していた以上でした。

 

大きい分、餡がたっぷり味わえ、でも求肥がアクセントとなっているので、味が単調にならないので、普通の最中と違った美味しさが感じられると思います。

 

神奈川みやげ、小田原みやげとして、他の定番を買い飽きた際には、一度買ってみるのをオススメします。