わたしのおみやげ探し

神奈川県を中心としたお土産情報

【京都みやげ】 茶の菓 (マールブランシュ)

京都みやげとして、今や定番になっているお菓子、マールブランシュの「茶の菓」を紹介します。

 

f:id:teruiwakura:20170822082143j:image

 

京都帰省時に、四条河原町のタカシマヤで買いました。

パッケージがへしゃげましたが、それでも"茶の菓"というロゴが映えます。

 

抹茶のお菓子ですが、安易に緑色のパッケージにせず、白色にしているところが、メーカーの自信を感じます。

 

f:id:teruiwakura:20170822082156j:image

 

中を開けると、色鮮やかな抹茶のラングドシャが現れます。

 

f:id:teruiwakura:20170822082207j:image

 

ラングドシャの見た目は、美しさすら感じます。お洒落で手土産に持って行きたくなります。

 

f:id:teruiwakura:20170822082236j:image

 

実際に食べてみると、その美味しさにビックリします。

抹茶クッキーにホワイトチョコレートが挟まれています。

 

抹茶クッキーがまず濃厚な味わいで、さすが京都の抹茶と思わせるくらい、本当の抹茶を口にしている錯覚に陥ります。

 

また、ホワイトチョコも濃厚で美味しく、抹茶クッキーととてもマッチしています。

 

一度食べると、その感動がしばらく忘れられないくらいです。

 

京都みやげとして、茶の菓は定番にふさわしいと思います。断然オススメです。

 

ちなみに、横浜みやげの「横濱ラングドシャ(フランセ)」も同じラングドシャです。

こちらは抹茶味ではなく、コーヒー味ですが、「茶の菓」のような濃厚で上級な味わいに仕上げると、高級なコーヒー味のラングドシャになり、良くなるなあと思いました。